芝生

信頼できる業者選びの為に

芝刈りを業者に依頼するときは、まずはインターネットなどで情報を収集しましょう。施工経験が豊富か、どこまで作業してもらえるか、料金はいくらかといったことを基準に業者を絞ります。その後見積もりを依頼し、疑問点は質問して、信頼できそうなところに頼むといいでしょう。

庭

庭作りを委託する利点

造園する上で、自らが実行するのと専門会社に委託をするのは、いずれの方が良いか悩んでいる人は少なくありません。たしかに専門会社に依頼すると費用はかかりますが、メンテナンスも含めて多くのメリットがあります。

かま

芝生を維持するには

芝生を維持するためには芝刈りをする必要がありますが、芝刈りは適切な時期に欠かせず行わなければなりません。自身でも芝刈りをするほかにも業者を利用して定期的にしてもらうのもひとつの手段で年間契約をすればきれいな芝生を維持することができます。

チェンソー

作業にかかる費用

神奈川県で庭木の伐採にかかる費用は作業費と人件費を合わせて、背丈ほどから3メートル未満で10000〜15000円ほど、4メートル未満で20000〜30000円ほどです。処分費は1本あたり5000円から10000円ほどですが業者間で大きく異なります。

バラ

植物栽培にお勧めの道具

バラはあれもこれもと一度にすべての道具を揃えなければ育てられないわけではありません。育て方を覚えてから集め始めても十分間に合います。お店によって取り扱う道具も違うので、興味が湧いてきたならお店巡りをすることも楽しいでしょう。

コツを掴んで生育する

バラ

正しく栄養を与える

美しく華やかなバラはガーデニングでも人気です。しかし、育て方が難しくコツが必要となります。バラをう上手く育てるためには、必要な栄養素を正しい時期に与えることが大切です。バラを植える際に基本となる土には、牛糞や腐葉土を混ぜると良い土壌となります。質の良い土壌はバラを生育させるために必要な条件ですが、実際にバラが育つためには肥料などで栄養を与えることが重要となります。バラが育つためには、窒素やリン、カリウムやマグネシウムなどが必要な栄養素となります。これらの栄養素を油かすや骨粉などを12月の下旬頃に与えるのが、昔からよく行われていた育て方でした。油かすや骨粉は分解が遅いため、芽が出る前の冬に与えていたのです。しかし、最近では窒素やリンなど必要な栄養素を配合した肥料が販売されています。配合肥料は油かすなどに比べて即効性があります。そのため、芽が出る3月頃に与えることも可能となります。バラの育て方で重要なのは、花が咲くまでではありません。花が開花した後も、栄養を与え大切に育てなければ美しい花を保つことはできません。花を咲かせるためにバラは多くの栄養を使っています。そのため、体力を回復させるために追肥をする必要があるのです。肥料が切れてしまうと成長が阻害されるだけでなく、病気の発生にも繋がります。肥料の成分は与えてすぐに吸収されるわけではないので、開花し始めた頃にたっぷりの水分と一緒に与えるのが良いでしょう。正しい育て方でバラを生育すれば、美しい花を咲かせることができるのです。

Copyright© 2018 バラは育て方のコツを掴もう!【肥料などで栄養を与えることが重要】 All Rights Reserved.