作業にかかる費用

チェンソー

見積もりで確認しましょう

神奈川県は沿岸部を除いてその多くが山や森などの緑地であり、広い庭を持った個人宅も多いです。庭に木があるのは日よけにもなりますし、自然を間近で感じられて癒しにもなります。ただ邪魔になってしまった木は容易に撤去できない不便さもあります。小さな木であれば個人的に伐採する事も可能ですが、背丈を1メートル以上超えるほどに育った木については、倒木の下敷きになるなど危険があるので、業者に伐採を任せましょう。ここでは神奈川県にお住まいの方で、庭にある邪魔な木を伐採したい、という場合に気になる費用について説明します。まず前提として伐採の費用について明確な基準というものは存在しません。具体的な費用は業者ごとに異なります。それを踏まえたうえで伐採費用の内訳を見ると、作業費と人件費、そして処分費に分けられます。人件費については作業にあたる人員が増えればそれだけ費用が増します。作業費については若干複雑で、伐採する木の大きさや種類、作業に使用する機材や必要な技術などによって変わります。作業場所も大きく影響し、例えば神奈川でも西部地域のように農村地帯の場合にくらべ、神奈川沿岸部を中心とした住宅密集地では作業スペースの確保が難しく、作業難易度が上がるので費用が高くなります。人件費と作業費は一まとめに計算される事が多く、伐採する木の高さが背丈ほどから3メートル以内だと10000〜15000円ほど、3〜4メートルくらいなら20000〜30000円ほどが相場です。それ以上の高さになると通常クレーン車が必要で、こちらはトン数に応じて一日10万〜20万円ほどになります。処分費は伐採した木を撤去するための費用です。運び出す際のトラックの大きさや回数などによって費用が増えます。庭木一本当たり5000円から10000円程度かかりますが、作業費以上に業者間での設定が異なるので、事前の見積もりをよく確認しましょう。

Copyright© 2018 バラは育て方のコツを掴もう!【肥料などで栄養を与えることが重要】 All Rights Reserved.